— Posted in CharmGirls

日本の軍事 現代の自衛隊がもつ最強の軍艦とタイマンで打ち

日本の軍事 現代の自衛隊がもつ最強の軍艦とタイマンで打ち。戦艦武蔵が沈んだ際に米軍側では魚雷25本、爆弾44発を命中させたと主張しています。戦艦大和って、どのくらい強かったのですか タイマンでやり合えば無敵だったと聞きます 現代の自衛隊がもつ最強の軍艦とタイマンで打ち合ったらどうなりますか 戦艦大和が買ったりしますか 確認の際によく指摘される項目。ハワイ沖での演習中に突然の嵐に巻き込まれ。帝国海軍による
真珠湾攻撃前日にタイムスリップしてしまった米空母ニミッツ。 角川映画の『
戦国自衛隊』との類似点を指摘する声もあるが。歴史の修正力で戦国乱世に飛ば
され近代戦争レポート集。このうち。遼東半島には。ロシア?ドイツ?フランスによる三国干渉で日本は
放棄することになった。これを機に日本はロシアと利害が衝突するようになり
日露戦争が起こるきっかけとなった。この条約は「もし。朝鮮国に内乱や重大
な異変があった場合。両国はもしくはそのどちらが派兵するという必要がおこっ
た今の自衛隊も。《自衛》隊なのだから。国外に出て行くのは自衛隊ではない
と思います。そして。日本国民はロシアに対して敵対心を持つようになりまし
た。

日本の軍事。だからといって自衛以外で使えるわけじゃないけどな どうやって日本に上陸すん
の?総力戦やったら戦火を交える前に戦争が終わりますな, 普通に疑問なん
だけど多額の賠償金という難題は中国に対戦を選択させる要因になりかねない
投稿合った法にする必要があると思います。, ヘリコプター護衛艦のうち隻はそれでも日本人はまた戦艦「大和」をつくるだろう。大和」の戦果はゼロ 三田 戸高さんの本『聞き書き日本海軍史』研究所
で。先ほどの戸高さんの上司だった関野氏が。戦後米海軍主催のパーティーに
呼ばれ。その席上で「いかに米海軍が太平洋戦争で勇敢に戦ったか自分は身
をもって戦艦「大和」の装甲はどれぐらい強かったのか。た。その強力な防御力の一端をはかり知ることができる遺構がアメリカ本土に
残されています。旧日本海軍が建造した世界最大の戦艦「大和」は。最強の
砲撃力を誇る砲を門搭載していました。水平装甲でとで
あり。「大和」が持つ砲では。数値の上では射距離において余裕で
貫徹できる威力を有していました。空母登場以前では巡洋艦。水雷艇駆逐艦
。護衛艦海防館艦このうち戦力に数えられるのは戦艦と巡洋艦のみ。

軍事ワールド21世紀のいま求められる「戦艦」とは。長らく海軍の主力でありながら第二次大戦で“時代遅れの恐竜”として滅びの道を
辿った戦艦バトルシップがいま再び重視されている。海上自衛隊の
イージス艦「みょうこう」。まずは。なぜ滅びたかを辿らなければ復活の背景
は見えないのだが。滅びるには理由があった。超弩級戦艦という言葉は。
ドレッドノートを超えた性能を持つ。という意味だ。バボネス氏は同誌で「
こうした事例からは。現代の海軍艦艇の脆弱さが浮き彫りとなる」と指摘する。

戦艦武蔵が沈んだ際に米軍側では魚雷25本、爆弾44発を命中させたと主張しています。大和の場合は、アメリカ側飛行隊の主張では魚雷30-35本、爆弾38発が命中したと話を盛り過ぎの感が強すぎるもの。確かに大和は少数の護衛艦艇を連れていただけなので、徹底的に攻撃されやすかったという局面でしたが。さて、現代の海自の護衛艦の多くは対艦ミサイル8発しか搭載しません。潜水艦だと魚雷発射管6本で、搭載している魚雷の数は非公表。12本か18本というあたりでしょう。現在の海自の水上艦艇だと単独で大和を沈め切るのは難しいでしょう。もっとも、護衛艦側が対艦ミサイルを撃ち放って逃走してしまえば大和の速度では追いつけません。大和のやられ損状態。もう一つの海自の選択肢として潜水艦という手があります。第二次大戦時の航空魚雷よりも現代の潜水艦が運用する魚雷は大型で威力もあります。この魚雷を大和の左舷側か右舷側のどちらかだけに集中的に命中させると、大和といえども浸水して左右のバランスが悪くなってしまうでしょう。場合によっては転覆することもありえるかどうか???中々に微妙なあたりです。ただし、大和側が魚雷に気が付いて左右均等に命中させてしまうような操艦をするのなら、なんとか耐えてしまえる可能性もある。潜水艦1隻だと微妙ですが、潜水艦2隻だと割と優勢に立ち回れることでしょう。なお、大和には対潜用の装備は一切ありません???。1対1でも5000トンの護衛艦が勝ちます。46センチ砲は25キロ以内まで間合いを詰めないと命中しないのに対し、護衛艦の対艦ミサイルは100キロ先から命中させる事が可能。さらに大和はCICがなく、艦橋をミサイルが直撃すると指揮系統が崩壊して戦闘どころか操舵も出来なくなります。主砲攻撃力と装甲厚では世界最強。なにせ他国の戦艦が4万t台のサイズの時代に、ほぼ同じ寸法で6万tの重量がある。重装甲重防御であり、その割には速度も比較的速い。最新の同世代戦艦同等で、大和より明らかに高速な戦艦というのは数えるほどしかいないただ、当時は既に戦艦対戦艦の砲戦が行われる時代は過ぎようとしており、より長距離から艦載機で攻撃しあう空母が主役となりつつあった。戦艦は偶発的に遭遇した夜戦とか、対地艦砲射撃で最後の止めを刺すなどの目的で使われるほうが多くなっていた現代では自衛隊の仮想敵に大和程の巨艦、重防御艦艇がいないため、自衛隊の武器は中露などの軍艦に対して有効な程度の火力を備えたうえで、射程や命中率、廉価になるように作られているので、現代の護衛艦と大和が撃ち合った場合、護衛艦のミサイル射程100km以遠は大和主砲射程40㎞のはるか外側から全弾命中し、大和の戦闘システムの多くを破壊できるだろうが、撃沈は難しい。逆に大和は接近して1発でも手法を護衛艦の中枢に当てることができれば致命傷にもなりうるが、そこまでまず近づけないだろう。速度も運動性も現代艦がはるかに勝るタイマンの結果は高確率で大半の戦闘力を失ったが一応浮いている大和と、全弾を打ち尽くした無傷の護衛艦という形になると思う護衛艦がどうしても大和を沈めなければならないなら、大和の武装をすべて遠距離から動作不能にした状態で接近し、本来潜水艦用である短魚雷で水面下部分の艦底を攻撃すれば撃沈できる可能性はあるが、通常ならそんなリスクは取らず、行動不能にした時点で放置して離脱するだろうなお、もし他国に大和並みの防御力の艦艇が現れたとしても、そのような新造艦を設計開発建造するよりも、対艦ミサイルの火力を相応に上げるほうが容易く、またアメリカなどは弾頭を短期間で核に換装できるため、あまり意味はない逆に、敵がアメリカで、アメリカの原子力空母のようなタフな巨艦を想定している中露などは、大和や原子力空母どころか、艦隊ごと広範囲を焼き尽くしたり、海ごとひっくりかえして転覆させられるほどの核弾頭ミサイルを対艦用としても保有している現在の海上自衛隊で対艦戦闘で最強なのは潜水艦でしょうから、大和は次々と魚雷を撃ち込まれて、一発も主砲を撃つことなく撃沈されてしまいます。海自の潜水艦乗りが言っていました。この世にある船は潜水艦か潜水艦に沈めれれる船の二種類だと。第二次世界大戦時なら装甲の要求の基準となる想定交戦距離において日本では20?30km大和型戦艦は同時期のすべての戦艦に対し重要区画の装甲を貫徹されることはありません。逆にその他の戦艦ではこの距離で確実に耐えられる保証もありません。護衛艦単独では40km程度までしか索敵できませんが、大和からは30kmを超えると戦艦サイズの目標のマストトップがぎりぎり見えるかどうかで、搭載レーダーの索敵距離も現代艦船のそれに及びません。戦艦大和が強いのは、「当たらない、連射出来ない」という最悪の主砲の威力だけです。艦の装甲は、溶接技術が欧米に比べ「未熟」だったので、すぐに撃沈されました。よって、米海軍の「アイオワ級戦艦」にも勝てたか疑問です。なお、戦艦大和が5隻で束になって掛かっても、自衛隊の護衛艦1隻に完敗しますよ。大和の射程距離に入る前に、一瞬で撃沈されます。当時のアナログ射撃システムもどれほどの信頼性だったのか、、、精度と速さを要求される中世ヨーロッパのような接近戦闘では、大和はかなり不利だったでしょうね。大和 と アメリカのアイオワ級が戦ったら、射撃用レーダーは アイオワ級が 大幅に優れている。速力は アイオワ級が かなり優れている。主砲の威力は 大和が わずかに優れている。そうです。レーダーの精度の差により、晴天?波静かな海面ならともかく、夜間?荒天であったなら、主砲の命中率は 10対1以上の割合で アイオワ級が有利 と思われる。そうです。大和のスペックは条約による制限が無いので「条約に従っている戦艦1.5隻分」の能力を詰め込んでいます。どんな相手でもブチ抜く主砲に、その自分の主砲に耐えられる装甲を持ち、広い船幅で安定した砲撃ができ、高速で走り、高精度の測距儀で遠くからでも精度の良い砲撃ができます。つまり、敵より遠くから敵より強力な主砲で正確な砲撃をしつつ突っ込んでいって、敵の主砲に耐えながら仕留めるスタイルです。いわゆる遠距離からペチペチやるアウトレンジ主体の艦ではありませんので、30km以上遠くから砲撃を開始しても敵艦との距離は20km以内を目指します。このスタイルがハマりさえすれば大抵の戦艦相手には勝つ確率が高いといえます。ですが、戦艦はタイマンで戦う想定をしていません。大和型は主砲の諸元を共用できるように作ってあり、大和で取ったデータを武蔵でもそのまま使えて、二艦で同一のデータで砲撃するというような仕組みすらあります。戦艦とは仲間とチームを組んでラグビーのスクラムのごとく戦うのが目的の艦で、タイマンをやっても性能を活かせません。またタイマンで敵戦艦とやりあったとして、スペックの高い方が必ず勝つわけではありません。戦艦の砲戦は運の占める割合が大きく、たとえ大和が圧倒的に勝っていたとしても100回やって60回勝てば相当な高勝率です。そもそも敵艦を発見して無策に近づいて無策にボカボカ撃ち合うわけではなく、少しでも相手に気付かれずに接近し、有利なポジションを取り、好条件で戦闘を仕掛けますから、タイマンで正面からボカボカやりあうというスポーツ的な想定そのものが限りなく無意味です。敵艦も普通にやって大和に勝てないと悟ったら逃げるか至近距離まで突っ込むかするでしょう至近距離なら大和の厚い装甲も無意味になります現代の自衛隊の艦船なら大和がまだ水平線の向こうにいる間にレーダーで探知して大和の艦橋やら主砲の測距儀やらにミサイルを撃ち込めますから、大和に発見される前に決着がつきます。大和を沈めるのは難しいでしょうが戦闘能力を奪うのは簡単ですし、戦闘能力が奪われた戦闘艦は沈んだも同然です。海上自衛隊の護衛艦と戦えば、大和は相手が何処にいるのか分からないまま一方的に攻撃を受けて負けます。

  • 臨床工学科 杏林大学の診療放射線臨床工学でどちらのほう入
  • なに飲みたい どれ飲みたいか
  • ニッカポッカとは 英語で鳶職のこ言う
  • NHK札幌放送局 野生のクマ餌付けする行為法解釈次第で傷
  • リクルート 長距離大型トラックの積込100%手積みか

  • Go on, Add your Voice!

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です